Graphic Base

Graphic Base

グラフィックベース

グラフィックをベースに
空間デザインを考える

グラフィックベース グラフィックベース

木目や石目のような建材のフェイクデザインをベースに、グラフィックアートを重ねる「グラフィックベース」。壁紙の上からシートを貼る手法を一枚で表現することで、これまでよりも表現性が高まり、コスト面でも抑えられます。

もっと自由な表現を。

  • ベース素材「レンガ」
  • ベース素材「モダンウェーブ」
  • ベース素材「漆喰」
  • ベース素材「パァラァレェラァグラァムウッド」
  • ベース素材「タイル・アクア」
  • ベース素材「コンクリート」
  • ベース素材「フェンス」
  • ベース素材「パターンウッド」
  • ベース素材「ストライプウッド」
  • ベース素材「和紙風」
  • ベース素材「木の壁」
  • ベース素材「コルク」
  • ベース素材「水彩画」
  • ベース素材「青い壁」
  • ベース素材「切り絵アート」
  • ベース素材「木目」
  • ベース素材「緑の壁」
  • ベース素材「芝」
  • ベース素材「木目」
  • ベース素材「ピンクの大理石」
  • ベース素材「すのこ壁紙 白の木目」
  • ベース素材「斜めの木目」
  • ベース素材「黄色のコンクリート」
  • ベース素材「大理石」

黒板、モザイクタイル、木目、レンガ、大理石などのベース材に、チョークグラフィックなど多様なタッチのイラストを組み合わせます。ダメージ加工や擦れ感もリアルに、ヴィンテージ風、ナチュラル、ポップなどあらゆるテイストを表現できます。

デザイナー武山 亜実加

Designer comments

武山 亜実加Amika Takeyama

販売企画室Art director

アパレル、化粧品メーカーのブランディング、アートディレクションを経て、空間グラフィックデザインに出会い、ビーグループに参画。これまでの経験を生かしてバリエーション豊かなデザインを得意とし、アートディレクションを担当。